楢橋 朝子 ―アナザサイド―

2008年9月10日~12月6日


この度、空蓮房に於きまして「アナザサイド/another side」と題し楢橋朝子展を開催致します。今回は初期のモノクロから今に至るまでの通底するイメージを掬いあげ、カラー、シリーズをこえて沈澱するイメージの再構築を試みます。また、もう一つの提示として、対岸に近づいてみる、彼岸と此岸、表と裏など、対立と融合を含めたものとしてインスタレーションを展開します。
対極する論理は常々の立場で現れる。X軸とY軸の相円は掴み難きものである。それでも、生死流転のこの世にありて、一乗の光によって超越して行く事は求道者であろう浮遊者のアスペクトだろうと願って止まない。だからこそ僕はその浮遊の中の臨界に立ってその光を信じたいと思う。/空蓮房

楢橋 朝子
1959年東京生まれ、東京在住